日経PC21 2005/07号

特集1 エクセルでデータベースに挑戦 実践編
複数のデータベースを連係する実用ワザに挑戦

 「基本編」で見てきたデータベースはすべて一枚のシートで完結していた。だが、せっかく作ったデータベースをそのシート限定で使うのはもったいない。例えば、「請求書」を作っているときに「製品名や単価は以前作った『商品一覧データベース』から参照したい」ということはないだろうか。この「実践編」では、データベースと別のファイルを連係させるワザを身に付ける。(46〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:17964文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 エクセルでデータベースに挑戦(28〜29ページ掲載)
エクセルでデータベースに挑戦! アクセスなしでもここまでできる
特集1 エクセルでデータベースに挑戦 総論(30〜33ページ掲載)
手持ちのエクセルが、強力なデータベースに変身!
特集1 エクセルでデータベースに挑戦 基本編(34〜45ページ掲載)
データ活用に必須の「検索・抽出・分析」を徹底攻略
特集1 エクセルでデータベースに挑戦 実践編(46〜59ページ掲載)
複数のデータベースを連係する実用ワザに挑戦
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
update:18/07/31