日経PC21 2005/07号

トレンド&新刊近刊
インテルとAMDの覇権争いが加速
米国最新事情 二つの「頭脳」持つCPUがパソコンの主流に

 「これからは二つの頭脳を持つコンピューターが主役になる」。米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)のヘクター・ルイズCEOはこう言い切る。パソコンのいわば頭脳であるCPU(中央演算処理装置)は従来、一つだった。しかし今後はCPUの機能(コア)二個分を一つのチップに統合した“デュアルコア”と呼ばれるCPUがパソコンの主流になる。(190〜193ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6992文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > その他(パソコン・デジタルギア) > その他(パソコン・デジタルギア)
【記事に登場する企業】
インテル
米AMD社
update:18/07/31