日経ものづくり 2005/06号

詳報 中国の反日デモが日系メーカーに波及
中国の反日デモが日系メーカーに波及 明暗分けたコミュニケーション
太陽誘電の現地工場は,なぜ操業停止に追い込まれたか

 2005年4月に入り,中国で週末に3週連続で発生した反日デモ。成都で勃発したデモが次第に各都市に広がり,日本大使館にペットボトルや石を投げ込んだり,日本料理店や日系スーパーの窓ガラスが割られたり,日本人留学生が暴行を受けたりするなどの暴力行為を伴う大きな問題へと発展していった(図)。 この反日デモは日系メーカーの中国現地工場にも波及。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2725文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
政治・経済・社会 > 政治 > 海外政治・国際問題
【記事に登場する企業】
太陽誘電
update:19/09/26