日経ものづくり 2005/06号

事故は語る JR福知山線横転事故
JR福知山線横転事故
置き石説も急制動説も まるっきりナンセンス, 被害拡大を車体強度に 求める技術不在の暴論,              果たして   事故主要因は一つだけ。

西日本旅客鉄道(JR西日本)の快速電車5418M列車は宝塚から尼崎間で福知山線を通った後,JR東西線経由で京橋駅に,さらに片町線経由で同志社前駅まで走行する。2005年4月25日,問題の列車は伊丹駅を定刻より遅れて出発した。車掌の報告によれば,遅れは1分30秒。これを取り戻すため,運転士はほぼ直線が続く線路を高速で走行し続ける。猪名寺駅を過ぎ,次の塚口駅を約1分遅れで通過。(85〜91ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8379文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
車・機械・家電・工業製品 > その他乗り物製造 > 鉄道
車・機械・家電・工業製品 > 修理・クレーム > 車・機械・家電・工業製品の修理・クレーム全般
【記事に登場する企業】
JR西日本
update:19/09/26