日経ビジネス 2005/06/06号

時流超流・トレンド
液晶パネルにも純中国産 韓国ハイニックスの事業買収した京東方科技

 中国で初めて、中国企業が自社開発した大型TFT(薄膜トランジスタ)液晶パネルの量産が始まった。5月25日、北京に本拠を置く電子機器メーカー、京東方科技集団は、同市郊外に建設した新工場で量産開始の記念式典を開催。同社の王東昇・董事長は「中国最大、最強のTFT液晶パネルメーカーを目指す」と宣言した。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1698文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > その他(ディスプレイ製品・技術)
【記事に登場する企業】
中国・京東方科技集団股フェン有限公司
韓国・ハイニックス社
update:19/09/24