日経PC21 2005/08号

実例で学ぶエクセル関数
四つの“COUNT系”関数を使い分け アンケート結果を自在に集計

 エクセルでは、数値の合計や平均などの計算だけでなく、データの「個数」を数えることもできる。電卓などでは実現できない、表計算ソフトならではの便利な機能だ。アンケートの集計や顧客名簿の分析などで大いに力を発揮する。 データの個数を数えるには“COUNT系”の関数を使う。「男女別の人数を調べる」というように、特定の条件に当てはまるデータだけを数えるのも簡単だ。(188〜193ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6481文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
update:19/09/25