日経ESG 2005/08号

特集1 動き始めたISOの現場 意識改革
手間をかけてやる気引き出す
日本ポール、ニッパツ 意識改革

 今回のアンケート調査で、担当者としての悩みとして最も多く挙げられたのが、「現場の個人の意識が高まらない」点だった。その回答率は53.2%に達しており、ほかの悩みに比べて図抜けて高い割合になっている。 こうした中、各企業は一人ひとりの意識を高めるために、様々な工夫を重ねている。(32〜34ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4862文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 動き始めたISOの現場(24ページ掲載)
動き始めたISOの現場
特集1 動き始めたISOの現場 2004年改訂版(25〜27ページ掲載)
改訂機にISO活動の見直し進む
特集1 動き始めたISOの現場 製品開発(28〜29ページ掲載)
全社統合が生んだ新型ATM
特集1 動き始めたISOの現場 トップ判断(30〜31ページ掲載)
経営トップ自ら環境リスクを軽減
特集1 動き始めたISOの現場 意識改革(32〜34ページ掲載)
手間をかけてやる気引き出す
特集1 動き始めたISOの現場 意識改革(35〜36ページ掲載)
パートやアルバイトを巻き込む
特集1 動き始めたISOの現場 第三者審査(37〜38ページ掲載)
登録機関に審査の力量求める
特集1 動き始めたISOの現場(39ページ掲載)
取得目的は「ブランド向上」「コスト削減」が7割超
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
【記事に登場する企業】
ニッパツ
日本ポール
update:19/09/24