日経ESG 2005/08号

環境ゼミナール ISOの新潮流
環境目標に「製品開発」掲げ 開発部門のやる気引き出す
富士通の取り組み

 ISO14001の規格は2008年の改訂で、品質マネジメントシステムであるISO9001と部分的に統合する動きがある。ISO9001はもともとの対象が製品であるため、今後、ISO14001も製品マネジメントに焦点が当たるとみられている。 今回、紹介するPFU(石川県かほく市)は、こんな規格の今後の動きを先取りしたケースと言えるかもしれない。(64〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3148文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(環境)
【記事に登場する企業】
PFU
富士通
update:19/09/24