日経ESG 2005/08号

ワールドトレンド From U.K エンバイロンメンタル・ファイナンス
EU ETS市場を専門家が評価 制度の成否をどう測るか

 EU(欧州連合)で2005年1月1日に始まった欧州排出権取引制度(EU ETS)が、盛んな論議を巻き起こしている。温暖化ガスの排出規制が欧州域外にある企業との競争で不利に働くことを恐れる人がいる一方で、各国政府が安易に産業界のCO2排出量の上限(排出枠)を多めに設定したことで、骨抜きの制度だと不満を漏らす人も多い。(120〜121ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3257文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
【記事に登場する企業】
欧州連合(EU)
update:19/09/24