日経ESG 2005/08号

ワールドトレンド From Germany ブッパタール研究所
エネルギー効率向上プログラムで 100万人の雇用増を見込む

ドイツではエネルギー効率向上基金が提案され、この基金を活用したエネルギー効率プログラムの実施で、2006〜2029年に100万人の雇用増が期待される。文/ブッパタール研究所 ウオルフガング・イレック、ステファン・トーマス 訳/中村裕子 欧州委員会が今後5年間を見据えて掲げるエネルギー政策の6大柱の中でも、エネルギー効率の向上は特に重視されている。(125ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1445文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > その他(エネルギー事業)
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(環境)
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > その他(エネルギー事業)
【記事に登場する企業】
欧州委員会(EC)
update:19/09/24