日経ビジネス 2005/07/18号

時流超流・トレンド
ハイブリッド競争、新局面 ホンダ、トヨタとは異なる思想でコストを圧縮

 ホンダは7月5日、今秋投入する主力車「シビック」に搭載する新開発のハイブリッドシステムを発表した。現行モデルに比べて5%以上の燃費向上を実現する一方、コストの引き下げにも自信を見せる。割高ではないハイブリッド車として、先行するトヨタ自動車を追撃する構えだ。新システム前提に車両開発 新型シビック・ハイブリッドには、従来にない開発手法が採用された。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1705文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > ハイブリッドカー
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > ハイブリッドカー
ビズボードスペシャル > 環境 > ハイブリッドカー
【記事に登場する企業】
トヨタ自動車
ホンダ
update:19/09/24