日経ドラッグインフォメーション 2005/08号

DI BOX
● 相互作用ノート ●  ニューキノロンと金属カチオンとの相互作用
キレート形成による抗菌力低下 ニューキノロン・金属の種類により形成能は異なり注意が必要

ただし、金属の種類、ニューキノロンの種類によってキレートの形成しやすさには強弱がある。適切な相互作用回避の方法も含めて、相互作用に詳しい杉山薬局の杉山正康氏に解説してもらった。 ニューキノロンの処方時は、患者が合わせて摂取する金属の有無、種類、量をチェックし、薬剤師の判断で相互作用を回避しなくてはならない。(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2705文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・健康・バイオ > 医薬品 > 薬品
医療・健康・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
update:14/03/26