日経ビジネス 2005/08/29号

有訓無訓 コラム
何が最も重要か それを繰り返し伝えよ 大野 晃[森永乳業会長]

 私は1979年に常務として森永乳業に入社し、その6年後に社長に就任しましたが、当時、この会社は乳業会社の古い体質を色濃く残していました。市場では清涼飲料メーカーと競合することも多いのに、商品開発にはダイナミックさが欠けており、ブランド戦略も根づいていなかった。コーヒー牛乳はあくまでも「森永コーヒー牛乳」であり、別の名称で売るという発想は乏しかったようです。(1ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1406文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
森永乳業
update:19/09/24