日経エレクトロニクス 2005/08/29号

What’s New
テレビ電話の動画像を補正 携帯電話機上で実現
QCIFで15フレーム/秒まで可能

 富士通研究所は,携帯電話機でテレビ電話の動画像をリアルタイムに補正処理できる技術を開発した。例えば逆光で撮影し,顔が暗くなった場合に顔の部分を明るくしたり,色ずれを補正したりする。この技術は,NTTドコモが2005年8月19日に発売した富士通製の「FOMA F881iES」に搭載された。(38〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2734文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > 携帯電話機
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・PHS本体・サービス > 携帯電話機
インターネットサービス > ネット上のコミュニケーション > その他(ネット上のコミュニケーション)
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > 携帯電話機
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
富士通研究所
update:18/07/31