日経ビジネス 2005/09/05号

時流超流・トレンド どうする日本
小沢一郎・民主党副代表インタビュー 次の政界再編では失敗しない

 「郵便は別として、将来的には郵便貯金・簡易保険は民営化ないし廃止しかない」 公示前日の8月29日に開かれた6党首討論会で岡田克也・民主党代表はキッパリと語った。8月22日号掲載の本誌インタビューでは民営化への明言を避け、マニフェスト(政権公約)にも「民営化」「廃止」という方針は見当たらない。岡田代表が郵政問題で一歩踏み込んだ裏には何があったのか。(12〜14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5414文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
民主党
update:19/09/24