日経ビジネス 2005/09/05号

時流超流・トレンド 景気読み筋
踊り場脱出宣言にはまだ早い 藻谷 俊介[スフィンクス・インベストメント・リサーチ代表取締役]

 この1カ月、東京の金融市場は一気に平衡感覚を失い、特に株価は各国市場の動きから逸脱した上昇を見せている。外国人PKO(株式買い支え策)とも揶揄される盲目的な日本株買いがその主因だが、そこに330兆円の郵政関連資金の自由化を進める小泉純一郎首相の路線への声援という性格が強いことは、海外のコメントからもうかがえる。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1587文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
update:19/09/24