日経ビジネス 2005/09/05号

心と体 医の雑学 パーソナル
ナチスの健康政策

 ナチズムには合理性と狂気が混在している。ナチス時代の医学と言えば、純血主義、人種排除、人体実験そしてホロコースト(大虐殺)だが、いずれも狂気の沙汰である。しかし一方で、ナチスドイツの食生活改善運動は、脂肪の過剰摂取を戒め、新鮮な野菜による食事を奨励し、歴史上、類を見ないたばこ撲滅運動を展開している。(83ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:686文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
update:19/09/24