日経ビジネス 2005/09/05号

本 話題の書●パーソナル 新聞記者 夏目漱石
『新聞記者 夏目漱石』

 夏目漱石は40歳の時、朝日新聞社から誘いを受け、東京帝国大学講師の立場から転職した。本書は漱石の新聞記者としての足跡をたどった。 漱石の朝日新聞での第1作は『虞美人草』。以後、時代のニュースを巧みに作品に取り入れながら、『三四郎』『それから』『門』『こころ』などの主要作品を新聞小説として記した。(89ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:406文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
update:19/09/24