日経ビジネス 2005/09/12号

時流超流・トレンド
燃料費の急上昇がトラック業界再編の引き金に 郵政の足元揺るがす原油高

 日本郵政公社と民間運輸会社とが、配送を競い合った今年のお中元シーズン。その真っ只中で、10年以上にわたり小包の配送を受託してきた東京のある物流業者が、郵便局との契約を打ち切った。この会社の役員は「もともと収益が厳しかったところに、燃料代などの値上がりで状況は一層悪化してきた。好転する見込みがないので、撤退を決めた」と明かす。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3078文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > エネルギー資源・燃料
サービス・流通・生活・文化 > 旅客・運輸サービス > 運輸サービス
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > エネルギー資源・燃料
update:19/09/24