日経ビジネス 2005/09/12号

特集 プラザ合意20年 工場は日本へ帰る 第4章
最新設備が崩す生産性の限界

日本経済がバブル崩壊後の不況に苦しみ設備投資を抑えている中、工作機械は飛躍的に進歩した。大胆な設備投資に踏み切った企業では、著しく生産性が向上している。国内回帰を支える「切り札」だ。 名古屋駅から急行電車で20分ほど、愛知県の北西部にある大口町。工作機械国内最大手、ヤマザキマザックの本社工場に2003年の年末、ある自動車メーカーの社長が訪れた。(42〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5780文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 プラザ合意20年 工場は日本へ帰る(30〜31ページ掲載)
プラザ合意20年 工場は日本へ帰る
特集 プラザ合意20年 工場は日本へ帰る 第1章(32〜35ページ掲載)
トヨタ生産方式 米国で大革新
特集 プラザ合意20年 工場は日本へ帰る 第2章(36〜39ページ掲載)
九州こそ世界の工場
特集 プラザ合意20年 工場は日本へ帰る 第3章(40〜41ページ掲載)
工場も都心に回帰
特集 プラザ合意20年 工場は日本へ帰る 第4章(42〜45ページ掲載)
最新設備が崩す生産性の限界
特集 プラザ合意20年 工場は日本へ帰る 第5章(46〜48ページ掲載)
組織は縦に結び活性化
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > その他(機械関連の設計・製造)
【記事に登場する企業】
ヤマザキマザック
update:19/09/24