日経ビジネス 2005/09/12号

特集 プラザ合意20年 工場は日本へ帰る 第5章
組織は縦に結び活性化

 進化した生産技術や設備を使いこなすには、現場の力を引き出すことが欠かせない。開発から生産までが一体となった、日本的な垂直統合型の取り組みが再び脚光を浴びている。 これからは水平分業による低コスト生産が主流になる——。ITバブルが崩壊した2000年以降、電機・IT業界ではそんな旋風が吹き荒れた。(46〜48ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4385文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 プラザ合意20年 工場は日本へ帰る(30〜31ページ掲載)
プラザ合意20年 工場は日本へ帰る
特集 プラザ合意20年 工場は日本へ帰る 第1章(32〜35ページ掲載)
トヨタ生産方式 米国で大革新
特集 プラザ合意20年 工場は日本へ帰る 第2章(36〜39ページ掲載)
九州こそ世界の工場
特集 プラザ合意20年 工場は日本へ帰る 第3章(40〜41ページ掲載)
工場も都心に回帰
特集 プラザ合意20年 工場は日本へ帰る 第4章(42〜45ページ掲載)
最新設備が崩す生産性の限界
特集 プラザ合意20年 工場は日本へ帰る 第5章(46〜48ページ掲載)
組織は縦に結び活性化
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > その他(機械関連の設計・製造)
【記事に登場する企業】
長野沖電気
三菱重工業
村田製作所
update:19/09/24