日経ビジネス 2005/09/12号

中東学者の眼 コラム
長い閉塞の終わりの始まり 池内 恵[国際日本文化研究センター助教授]

 8月15日から始まったパレスチナ・ガザ地区からのイスラエル軍撤退と入植者退去は、9月半ばにも完了すると見られている。悲嘆に暮れるイスラエル人入植者たちを土地と家屋から引き剥がして撤退させる映像が世界に流れた。「アル=ジャジーラ」「アル=アラビーヤ」といったアラビア語国際衛星放送局も同様の映像を流している。(174ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1712文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 海外政治・国際問題
update:19/09/24