日経エレクトロニクス 2005/09/12号

特集 メディカルで種まき
第1部<広がる土壌> 先端技術が載る医療機器で 民生向けのワザをはぐくむ

 分解能が16ビット,あるいは標本化速度が170Mサンプル/秒のA−D変換器IC。画素数が2560×2048,あるいは1786階調表示の液晶パネル…。現在の民生機器向けに利用するには,はるかに高性能なこうした最先端のエレクトロニクス技術が,最新の医療機器に向けて続々と開発されている。(88〜93ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7570文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 メディカルで種まき(85ページ掲載)
メディカルで種まき
特集 メディカルで種まき(86〜87ページ掲載)
「まず医療機器に技術の種をまく」そんな期待が集まる… その医療機器市場は今
特集 メディカルで種まき(88〜93ページ掲載)
第1部<広がる土壌> 先端技術が載る医療機器で 民生向けのワザをはぐくむ
特集 メディカルで種まき(94〜102ページ掲載)
第2部<実用段階へ> これが最新の電子技術 目指すはきれいに小さく
特集 メディカルで種まき(103〜110ページ掲載)
第3部<将来を見据えて> 撮像素子やMEMSで人工感覚 早期診断にはレーザやLED
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > 液晶ディスプレイ技術
エレクトロニクス > その他電子部品 > その他電子部品
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
update:18/07/31