日経パソコン 2005/09/12号

特集 やっていいこと悪いこと30
やっていいこと 悪いこと 30
知らずにハマる PC・ネットの法律問題

 普通の生活を送っている人ならだれしも、「自分は法律違反とは無縁」と信じているはず。でも、こうした慢心は危険。パソコンやネットが生活に密着した道具となった今、実はさまざまな利用シーンで法律に関する基礎知識が必要になっている。例えば、メールでのやり取り、ブログの作成など。法律に無関心だと、知らないうちに法を犯しているという危険性だってある。(84〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:550文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 やっていいこと悪いこと30(84〜85ページ掲載)
やっていいこと 悪いこと 30
特集 やっていいこと悪いこと30(86〜95ページ掲載)
手軽に情報発信できるからこそ 違法行為の危険性に要注意
特集 やっていいこと悪いこと30(96〜103ページ掲載)
手軽に売り買いできる分 思わぬリスクも潜む
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > その他(パソコン・デジタルギア) > その他(パソコン・デジタルギア)
インターネットサービス > その他(インターネットサービス) > その他(インターネットサービス)
update:18/07/31