日経パソコン 2005/09/12号

特集 やっていいこと悪いこと30
手軽に情報発信できるからこそ 違法行為の危険性に要注意
第1章 ホームページ・ブログ・掲示板編

「ブログ」と呼ばれる、日記風の簡易型ホームページが普及するなど、だれもが手軽に情報発信できるようになってきた昨今。せっかくだから、仕事に趣味に、ネットを活用するのも悪くはない。 しかし、コンテンツの流用など、「ちょっとぐらい大丈夫だろう」なんていう考えは捨てるのが賢明だ。よほど気をつけていないと、知らずに他人の権利を侵害してしまっていることがある。(86〜95ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:15320文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 やっていいこと悪いこと30(84〜85ページ掲載)
やっていいこと 悪いこと 30
特集 やっていいこと悪いこと30(86〜95ページ掲載)
手軽に情報発信できるからこそ 違法行為の危険性に要注意
特集 やっていいこと悪いこと30(96〜103ページ掲載)
手軽に売り買いできる分 思わぬリスクも潜む
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > インターネット関連ソフト
インターネットサービス > その他(インターネットサービス) > その他(インターネットサービス)
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 著作権管理・違法コピー防止
update:18/07/31