日経デザイン 2005/10号

特集2
環境広告の正しい作り方問題を共有しユーザーとの距離をグンと縮める

「エコでモノは売れない」と悩む宣伝担当者は多い。しかし、商品広告とは異なる役割とメッセージの伝え方が、環境広告にはある。教え諭すのではなく、自分の問題として受け止めてもらえれば、企業に対する強い共感と商品のファンを獲得できる。新聞、パッケージ、パンフレット、ウェブの4メディアから表現テクニックを学ぶ。(90〜99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7717文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 工業デザイン
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
【記事に登場する企業】
NEC
王子ネピア
シャープ
毎日新聞社
ライオン
update:19/09/27