日経パソコン 2005/09/26号

ニュース
キヤノンのカラー技術を 次期Windowsに採用
画面表示と印刷物の色の違いを解消

米マイクロソフトは現地時間の9月13日、次期OS「Windows Vista」のカラーマネジメントシステム「Windows Color System」の開発で、キヤノンと戦略的提携を結んだことを発表した。従来はデジカメで撮影した画像をパソコンのディスプレイに表示したときと、プリンターで印刷したときとで色に違いが出ることがあったが、新しいカラーマネジメントシステムを採用することにより、両者の色…(29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:416文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
【記事に登場する企業】
キヤノン
米マイクロソフト社
update:18/07/31