日経パソコン 2005/09/26号

気になるデジタルグッズ
ネットワーク経由でテレビの視聴/録画が可能に
USB接続のテレビチューナーと変わらない使い勝手を実現 ネットワークTVチューナー

 カノープスが発売したDNT−888Lはネットワーク経由で接続するタイプのテレビチューナー。USBで接続するテレビキャプチャー機器の接続手段をネットワークに変えた製品だと考えればいいだろう。ネットワークに接続するため、導入には複雑な設定が必要と思われがちだが、DNT−888Lをネットワークに接続してから、視聴/録画用ソフトの「FEATHER2005 V2」をインストールするだけと簡単。(178ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1493文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 動画像入力機器 > ビデオキャプチャボード・機器*
【記事に登場する企業】
トムソン・カノープス
update:19/09/25