日経ビジネス 2005/10/03号

心と体 医の雑学 パーソナルライフ
脳がくつろぐ浴槽の広さ

 江戸時代の儒学者、貝原益軒の『養生訓』には、様々な養生法が記されている。日常生活での心得、飲食に関する「満ち足りるは憂いの始まり」などは、飽食の現代日本にも通用する教訓だが、益軒は入浴のためのたらいの大きさ、水の深さまで言及する。「たらいの寸法は曲尺(かねじゃく)で縦二尺九寸(約87cm)、横二尺(約60cm)、深さは一尺三寸(約40cm)」とまことに細かい。(107ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:721文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 住宅・商業建築・オフィス設備
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅・商業建築・オフィス設備
医療・バイオ > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
update:19/09/24