日経ビジネス 2005/10/03号

本 新刊の森●パーソナルライフ 狙われた自治体
地元紙が明かす「鹿沼事件」
『狙われた自治体』

 2001年10月、栃木県鹿沼市の職員が帰宅途中で失踪した「鹿沼事件」。1年3カ月後、職員の拉致・殺害の実行犯として、暴力団関係者ら4人が逮捕された。廃棄物行政を担当していた被害者は、なぜ命を狙われたのか。地元紙・下野新聞の取材班が事件の全貌に迫る。第4回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞奨励賞を獲得した新聞連載を、大幅に加筆・再構成した。(163ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:628文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
update:19/09/24