日経ビジネス 2005/10/03号

資源争奪戦 フィーチャー
BRICs台頭が招く原油高の新局面 準メジャー目指す中国3大石油会社
中国3大企業の買い漁り エネルギー安全保障を前面に

 原油価格の乱高下が止まらない。原油先物価格の指標であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)は8月30日に一時70ドル台、終値で最高値の1バレル=69ドル81セントをつけたものの、その後は急落、一旦は64ドル台まで下げた。 これまで、原油急騰にはいくつかの理由づけがなされてきた。最も根本的な理由は、中国、インドなどの新興国の台頭による石油需要の急拡大だ。(172〜175ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5616文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > エネルギー資源・燃料
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > エネルギー資源・燃料
update:19/09/24