日経ビジネス 2005/10/03号

ひと劇場 人
草刈 隆郎 氏[日本郵船会長] 政官の悪弊にタックル

 「マニフェスト」の語源は「神様に対する告白」を意味する神聖なもの。さらに、草刈が身を置く海運業界で「積荷目録」を指す用語でもある。「虚偽の申請をすれば厳罰に処される。その言葉を、軽々に使ってほしくない」。 1年半前の2004年4月。草刈は首相の小泉純一郎が旗を振る規制改革・民間開放推進会議の委員に選ばれた。改革派の大物経営者はいないか。(198〜200ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5193文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
日本郵船
update:19/09/24