日経ESG 2005/11号

トレンド・アンド・ニュース エネルギー
天然ガスハイドレートに脚光 LNGに代わるガスの運搬手段
エネルギー

天然ガスの輸送手段として、「天然ガスハイドレート(NGH)」が注目されている。経済産業省が2006年度から国内での貯蔵・流通網構築に乗り出す。LNG(液化天然ガス)にとって代わる新技術になるのか。 NGHとは、天然ガスと水からなる氷状の結晶で、−20℃で安定的に存在する。ハイドレートは「水和物」と訳される。(15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1405文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > エネルギー資源・燃料
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > エネルギー資源・燃料
update:19/09/24