日経ESG 2005/11号

トレンド・アンド・ニュース CSR最前線 サステナビリティ社
化学物質の“不法侵入”にノー 規制強化を叫ぶ欧州NGO

欧州では、NGO(非政府組織)が化学物質の規制強化を訴えて活動を活発化させている。化学物質への暴露は企業による人権侵害であるという認識が消費者の間に浸透し、産業界は対応を迫られている。 国際NGOのWWF(世界自然保護基金)は、欧州各国の環境大臣の血液を採取し、血中の化学物質を調べた。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1651文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(環境)
【記事に登場する企業】
世界自然保護基金(WWF)
update:18/07/31