日経ESG 2005/11号

特集 バイオマスエネルギーの実力
期待の石油代替燃料の“現実”
バイオマス由来の自動車燃料

 バイオマスから作った自動車燃料「バイオ燃料」が世界中で猛烈な勢いで増えている。 8月8日、米国で成立した「2005年エネルギー政策法(包括エネルギー法)」は、年間消費量約5億5000万koのガソリンの代替燃料として、2006年に1512万ko、2012年には2829万koのバイオ燃料を使用する目標を掲げた。(30〜32ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4131文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 バイオマスエネルギーの実力(26ページ掲載)
バイオマスエネルギーの実力
特集 バイオマスエネルギーの実力(27〜29ページ掲載)
眠れる巨大資源を掘り起こせ
特集 バイオマスエネルギーの実力(30〜32ページ掲載)
期待の石油代替燃料の“現実”
特集 バイオマスエネルギーの実力(33ページ掲載)
20万tのバイオ軽油生産を計画
特集 バイオマスエネルギーの実力(34ページ掲載)
木材を基盤にした社会を目指す
特集 バイオマスエネルギーの実力(35〜37ページ掲載)
年300万tの廃木材を飲み込む
特集 バイオマスエネルギーの実力(38〜41ページ掲載)
自立の道探る湿潤系バイオマス
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > その他(エネルギー事業)
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > その他(車・機械関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(車・機械関連のエコロジー)
第一次産業・エネルギー事業・水事業 > エネルギー事業 > その他(エネルギー事業)
update:18/07/31