日経ESG 2005/11号

環境ゼミナール ビジネスリーダーのための新環境学
環境専門家の役割を強化 不動産鑑定との業際問題も
米国の土壌汚染調査

 米国では土壌汚染調査に関して定めたAAI(All Appropriate Inquiry=あらゆる適正な調査)をどのように実施すべきかの新しいルールが、早ければ年内にも公布される。今回は米環境保護局(EPA)のAAI新ルール案について、パブリックコメントの意見を交えながら紹介する。(60〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3241文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > 環境・自然保護(建設・不動産)
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(建設・不動産)
update:18/07/31