日経ESG 2005/11号

リポート エコ商品を売り込め
再生木を使った住宅用デッキ 環境性能訴え売上高24億円狙う
YKK AP/リウッドデッキ

 「地球環境に配慮した商品を最初に開発し、生産しているというメーカーとしての自負があり、後追いの競合各社には負けたくありません」 建材メーカーであるYKK APのエクステリア建材事業部商品企画部の深川英樹係長は、担当する「リウッド」デッキについて話す。「リウッド」デッキは、アルミサッシメーカーである同社が森林保全と廃プラスチックの利用を考えて、2000年に発売した…(82〜83ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2669文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > その他(建設・不動産関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(建設・不動産関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(環境)
【記事に登場する企業】
YKK AP
update:19/09/24