日経ESG 2005/11号

ワールドトレンド From U.S.A ロッキーマウンテン研究所
欧米で流行する“グリーン埋葬” 死後も資源やエネルギーを削減

 最近、ロッキーマウンテン研究所から数kmの場所で、著名なジャーナリストであるハンター・S・トムソン氏の遺灰が火薬に混ぜられて大砲で打ち上げられた。参列した人々は色鮮やかな光景に感動したようだ。自らの人生の最期に当たって、旧来の埋葬方法よりエネルギーや資源を使わない「グリーン埋葬」を選ぶ欧米人が増えてきた。(111ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1558文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(環境)
update:18/07/31