日経ESG 2005/11号

フィールドワークニッポン
動植物と共生する居住実験 “ミニ生態系”の物質循環を研究
閉鎖空間「ミニ地球」(青森県六ヶ所村)

環境科学技術研究所(青森県六ヶ所村)は外部から遮断された約500m2の空間に自給できる生態系を作り、居住実験を始めた。イネや野菜を栽培し、ヤギ2頭と研究者2人が生活しながら物質循環を探る。 外部から空気も水も遮断した閉鎖空間の中で植物を栽培して酸素を自給し、水も循環利用する。(116〜118ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2146文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(環境)
update:18/07/31