日経パソコン 2005/10/10号

ニュース
「一太郎」特許訴訟、ジャスト逆転勝訴
松下は上告も含めて対応を検討中

ワープロソフト「一太郎」とグラフィックスソフト「花子」を販売するジャストシステムに対し、特許侵害で松下電器産業が製造・販売の中止を求めていた裁判で、知的財産高等裁判所(知財高裁)は9月30日、東京地方裁判所が出した一審の判決をすべて取り消し、松下側の請求を棄却する判決を下した。 第一審、第二審ともに訴訟費用を松下側の負担とし、ジャストは一転、全面勝訴となった…(24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:937文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
パソコン・デジタルギア > 知的財産・特許(パソコン・デジタルギア) > パソコン・デジタルギア関連の知的財産・特許
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > パソコン・デジタルギア関連の知的財産・特許
【記事に登場する企業】
ジャストシステム
知的財産高等裁判所
パナソニック
update:18/07/31