日経パソコン 2005/10/10号

ニュース NEWS EYE
ソニー経営方針発表、ストリンガー会長の複雑な胸の内
リストラはこれだけでは終わらない?

業績が低迷するソニーは先ごろ、2007年度までの中期経営方針を発表した。事業立て直しの柱となるコスト削減策として、低収益の15事業は売却、他社との提携などで圧縮し、製品モデル数も2005年度比で20%削減する。このほか、11カ所の製造拠点の統廃合、1万人の人員削減、本社・間接部門の効率化などによって総額2000億円の削減効果を見込む。(25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:853文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
ソニー
update:18/07/31