日経パソコン 2005/10/10号

実践IT活用最前線
今こそAccessに挑戦
第1回   データベースを使えばどんなメリットがあるのか

 顧客情報や、商品情報、受注情報など、職場にはさまざまな種類のデータが溢れている。 読者の中には、こうしたデータの管理を、Excelでやっている。という人も少なくないだろう。しかし、「データの抽出条件や印刷イメージ、表示方法をパターン化して、もっと手軽に素早くデータを操りたい」と考えたことはないだろうか。 そこで登場するのが、データベースソフトだ。(82〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4977文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この連載全体

実践IT活用最前線
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > その他(パソコン用ソフト)
update:19/09/25