日経ビジネス 2005/10/24号

特集 社員が壊れる 最高益に巣食う現代版「モダ 第3章
「人」重視に舵を切れ 社員酷使に未来はない

 「先行きが見通せず、安心してローンも組めない社員が、会社の将来を考えるわけがない。企業がリストラや賃下げなどの『切る論理』で最高益を上げても、結局、タコが自分の足を食べて死んでいくようなものだ」 昨年ビジネス書のベストセラーとなった『虚妄の成果主義』の著者、高橋伸夫・東京大学教授は、今の日本企業の経営を痛烈に批判する。(40〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6581文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 社員が壊れる 最高益に巣食う現代版「モダ 起こし・第1章(30〜33ページ掲載)
社員が壊れる 最高益に巣食う現代版「モダン・タイムス」
特集 社員が壊れる 最高益に巣食う現代版「モダ 第2章(34〜35ページ掲載)
現代のチャップリンは叫ぶ 私たちはもう限界です 1
特集 社員が壊れる 最高益に巣食う現代版「モダ 第2章(36〜37ページ掲載)
現代のチャップリンは叫ぶ 私たちはもう限界です 2
特集 社員が壊れる 最高益に巣食う現代版「モダ 第2章(38ページ掲載)
現代のチャップリンは叫ぶ 私たちはもう限界です 3
特集 社員が壊れる 最高益に巣食う現代版「モダ 第2章(39ページ掲載)
現代のチャップリンは叫ぶ 私たちはもう限界です 4
特集 社員が壊れる 最高益に巣食う現代版「モダ 第3章(40〜43ページ掲載)
「人」重視に舵を切れ 社員酷使に未来はない
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
update:19/09/24