日経ビズテック 2005/12/26号

特集3 20分で解るインターネットマーケティング
インターネットがラジオを超えた理由
文 佐々木俊尚 ジャーナリスト

「広告はカネのかかるもの」「広告効果は把握できない」。マーケティングを巡る従来の常識が大きく変わりつつある。インターネットの世界では、情報を求める個人を狙い撃ちして購買意欲をかき立てるための手法が次々と開発されている。キーワード広告、アフィリエイト・プログラム、そしてブログなどの新しいツールが、旧来の手法を急速に陳腐化させている。(130〜137ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8777文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3 20分で解るインターネットマーケティング(130〜137ページ掲載)
インターネットがラジオを超えた理由
特集3 20分で解るインターネットマーケティング(138〜143ページ掲載)
「特等席」から 潜在顧客に情報発信
特集3 20分で解るインターネットマーケティング(144〜145ページ掲載)
テレビとネットを 連動させる「要」に
特集3 20分で解るインターネットマーケティング(146〜149ページ掲載)
仮想営業網をネットに張り巡らせる
特集3 20分で解るインターネットマーケティング(150〜151ページ掲載)
「集客の達人」のノウハウを取り込む
特集3 20分で解るインターネットマーケティング(152〜155ページ掲載)
「生身」だから支持される
特集3 20分で解るインターネットマーケティング(156〜157ページ掲載)
「仮想対面販売」で信頼関係を築く
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > eマーケティング > その他(eマーケティング)
update:19/09/24