日経ビズテック 2005/12/26号

特集3 20分で解るインターネットマーケティング
「特等席」から 潜在顧客に情報発信

グーグルやヤフーなどの検索サイトにキーワードを入力すると、検索結果と同時に広告も表示される。検索エンジンを活用した「キーワード広告」は、特定の分野に興味を持つ顧客に効果的に広告を露出できる広告手法として広告主の支持を集め、急速に普及している。キーワード広告のサービスを提供する大手二社の責任者が、効果的な活用法について語る。(138〜143ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7461文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3 20分で解るインターネットマーケティング(130〜137ページ掲載)
インターネットがラジオを超えた理由
特集3 20分で解るインターネットマーケティング(138〜143ページ掲載)
「特等席」から 潜在顧客に情報発信
特集3 20分で解るインターネットマーケティング(144〜145ページ掲載)
テレビとネットを 連動させる「要」に
特集3 20分で解るインターネットマーケティング(146〜149ページ掲載)
仮想営業網をネットに張り巡らせる
特集3 20分で解るインターネットマーケティング(150〜151ページ掲載)
「集客の達人」のノウハウを取り込む
特集3 20分で解るインターネットマーケティング(152〜155ページ掲載)
「生身」だから支持される
特集3 20分で解るインターネットマーケティング(156〜157ページ掲載)
「仮想対面販売」で信頼関係を築く
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > eマーケティング > その他(eマーケティング)
update:19/09/24