日経ビジネス 2005/11/28号

時流超流・トレンド 追悼
中山 素平氏[元日本興業銀行頭取] 「問題は解決するために」

 2002年10月31日。当時96歳だった中山素平氏の話の広がりに、失礼は承知のうえで「遺訓と受け止めてもいいですか」と申し出た。その時の冗談めかした返事が、これである。 当時、銀行の不良債権問題には展望が見いだしにくく、日本経済の先行きについても悲観論が主流を占めていた。そこへ、銀行の不良債権比率を2年で半減させるという竹中平蔵金融大臣(当時)の政策が浮上した。(8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1700文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
【記事に登場する企業】
日本興業銀行
update:19/09/24