日経ビジネス 2005/11/28号

本 新刊の森●パーソナルライフ 日本経済の環境変化と労働市場
「構造的失業問題」とは何か
『日本経済の環境変化と        労働市場』

 著者が本書で主題に据えたのは、我が国の労働市場において最も憂うべき問題「失業」である。完全失業率は1990年代後半から悪化の一途をたどり、2001年後半からは5%を超えて戦後最悪の状況となった。著者は、「未曾有の失業率上昇がバブル経済崩壊による労働需要不足だけでは説明できないことを明らかにしたい」と述べたうえで、日本社会の根底で進行する構造的な変化に着目した。(103ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:643文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
update:19/09/24