日経ビジネス 2005/11/28号

敗軍の将、兵を語る 人
菊川 剛 氏[オリンパス社長] デジカメは絶対にやめない

 オリンパスは2005年3月期決算で、118億円の最終赤字に陥りました。1978年に連結決算を開示して以来初めての赤字決算で、デジタルカメラが売り上げの大部分を占める映像事業での239億円の営業赤字が原因です。2005年9月中間期決算でも映像事業は67億円の営業赤字でした。当初の見込みよりは赤字幅が縮小する予定とはいえ、映像部門は2006年3月期も40億円の営業赤字を出す見込みです。(161〜164ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5470文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
パソコン・デジタルギア > デジタルカメラ > デジタルスチルカメラ
【記事に登場する企業】
オリンパス
update:19/09/24