日経パソコン 2005/11/28号

ニュース・トレンド
液晶ディスプレイ、低価格とAV対応に二極化
19インチで3万円台の製品が登場。テレビチューナー搭載モデルも増加

液晶ディスプレイの値下がりが止まらない。主流の17インチの価格は、2005年の初旬に15インチとほぼ同じ水準に落ちた(左下図)。最近では2万円半ばの製品も出ている。液晶パネルメーカーは、利益が出にくくなった17インチから19インチに生産をシフト。その結果、2005年には19インチの急激な値下がりが進行し、3万円台の低価格モデルも登場。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1660文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > ディスプレイ > 液晶ディスプレイ
update:18/07/31