日経パソコン 2005/11/28号

ニュース
iPod課金は見送りに 文化審議会が方針を確定
携帯音楽プレーヤーの値上げは当面なし

私的録音録画補償金について審議する文化庁長官の諮問機関、文化審議会著作権分科会法制問題小委員会は11月11日の会合で、米アップルコンピュータの「iPod」に代表される携帯音楽プレーヤーに対し、補償金の対象機器への指定を見送る方針を確定した。文化審議会では2005年1月以降、補償金の見直しについて議論を進め、今後2年間で補償金制度を抜本的に見直す予定で、対象製品の見直し、…(26ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:397文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > デジタルメディアプレーヤ > デジタル音楽・AVプレーヤ
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > デジタル音楽・AVプレーヤ
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > デジタル音楽・AVプレーヤ
政治・経済・社会 > 知的財産・特許(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会の知的財産・特許
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > 政治・経済・社会の知的財産・特許
【記事に登場する企業】
文化審議会
update:18/07/31